葬式の時の会食の思い出

Back Number
葬式の時の会食の思い出

親戚が多い家庭だったこともあり

親戚が多い家庭だったこともあり、葬儀に参列し会食をいただくなんてこともよくありました。
昔は一人ひとりのお膳がでてきて、会食するといったこともありましたが、現代ではオードブルなどの大皿から数人が取り分けていただく会食が主なスタイルのような気がします。
そんな中で一番思い出に残っているのが、バイキング形式の会食です。
その会食を経験させてもらったのは、結婚したばかりの頃、夫の親戚の葬儀の時でした。
バイキング形式の会食は好きなものを好きな分量だけいただけるのはとても魅力的ではありますが、結婚したばかりの私は遠慮ばかりしてしまい、魅力も何も感じないままに食事をいただいたといったような思い出となってしまいました。

今でも葬儀に参列し会食までいただくことがあっても、バイキング形式での会食は一度きりです。
オードブルのような数人で取り分ける会食でも、バイキング形式でも、あまり遠慮すると失礼にあたる場合もあるので、節度をもっていただくのは、とても難しいことだと思います。

Copyright (C)2017葬式の時の会食の思い出.All rights reserved.