葬式の時の会食の思い出

Back Number
葬式の時の会食の思い出

祖父はかなりの高齢になってから亡くなりましたし

祖父はかなりの高齢になってから亡くなりましたし、夜普通に寝たまま亡くなったので、とても安らかな死でした。
そのためか、祖父の葬儀後の会食は、皆が比較的元気で涙を流すこともなく進みました。

会食は祖父の自宅で行ったのですが、親戚だけでなく、近所の人や祖父の仕事関係の方も来て盛大な会食でした。
最初は、割子弁当を頼もうかとも言っていたのですが、近所の方が手伝いに来てくれることにもなり、女性たちで料理を持ち寄り、作ることにしました。
私もすでに二十歳を超えた大人だったので、白いエプロンを母から渡され、一緒に料理を作りました。

足りないお皿は、近所の方が持ってきてくれたりして、ずいぶん近所の力を借りての会食だったのが田舎ならではですが、忙しいながらも楽しい会食でした。
と言っても、女性が食事をゆっくり食べられたのはほんの少しの時間だけで、後片付けをするのも本当に大変でした。

最近は、葬儀場で会食まで済ませることが多いので、自宅で葬儀後の会食をすることはなくなりましたが、今でもあの時の会食は、大変さと共に近所の皆さんとわいわいがやがやしながら準備も片付けも行って、とても楽しい時間だったなと時々思い出します。

Copyright (C)2017葬式の時の会食の思い出.All rights reserved.