葬式の時の会食の思い出

Back Number
葬式の時の会食の思い出

学生の頃、大好きだった母方のおばあちゃんが亡くなりました

学生の頃、大好きだった母方のおばあちゃんが亡くなりました。
母方のおばあちゃんは、母の兄である伯父さん一家と同居していたので、喪主は伯父さんが引き受けることになりました。

伯父さんの家は田舎にあり、とても広く、会食が出来るような大部屋もあります。今は葬儀屋のセレモニーホールで会食をすることが多いと思いますが、伯父の場合は、おばあちゃんはこの家で過ごしたんだから、と、会食は家でやることにしました。
総勢50名くらいの人たちが来てくれたので、私たち子供も駆り出されて、親戚や知人に料理を勧めたり、お酌をしたりしていました。

慣れないことで、正直あまり乗り気ではありませんでしたが、お酌をして廻っていると、必ずその知人や親戚はおばあちゃんの話をしてくれました。
私が学校で賞をもらった時にはおばあちゃんが嬉しそうに話をしてたのよ、と言ってくれると、とても嬉しくて涙が出そうになりました。
私にとって、その会食がおばあちゃんの気持ちに触れることができた、とても良い思い出だったと思っています。

Copyright (C)2017葬式の時の会食の思い出.All rights reserved.