葬式の時の会食の思い出

Back Number
葬式の時の会食の思い出

祖母が亡くなった時の会食は今でもとても印象深く、思い出せます

祖母が亡くなった時の会食は今でもとても印象深く、思い出せます。
90歳で亡くなったのですが、お風呂で突然亡くなったので、誰もが驚きましたが、苦しんだわけでもなく長患いしたわけでもなく、早死にだったわけでもなかったので、とても和やかな親戚同士の会食になりました。
もちろん、祖母にもう会えないという悲しみや残念な気持ちは誰もが持っていたのですが、大往生だった、と叔母や伯父たちが言いながら、みんなで仲良く食事をしてお酒を飲んで祖母の思い出を語っていたのがとても印象に残っています。
お葬式というととても悲しいものだというイメージがありますし、当然亡くなった人の最後のセレモニーですが、祖母の場合はみんなが名残惜しんではいるけれど、思い出話などをしながら、それぞれが納得して祖母との別れをしているように感じました。
ですから、祖母を知るみんなが集まって、とても和やかな食事会という印象でした。
悲しいお葬式ではなかったので、それが今でもよく覚えている理由です。

Copyright (C)2017葬式の時の会食の思い出.All rights reserved.