葬式の時の会食の思い出

Back Number
葬式の時の会食の思い出

葬儀の時の会食というのは、地域によって様々ですね

葬儀の時の会食というのは、地域によって様々ですね。徳島で葬儀に参列した時は、葬儀の前に会食があります。11時が告別式だと10時くらいに食べるのです。
あまりお腹が空いていないからと残すと、後で後悔します。というのは、告別式の後火葬場にいくわけですが、その間ずっと食事はないからです。

しかし、たいていの場合、火葬場でお骨になるのを待っている間に会食があることが多いですよね。会食の中身は簡単なお弁当のこともあれば、豪華な懐石料理が出されたこともあります。
その中でも思い出に残っているのは、一人ひとりのテーブルに達筆な字で会食に招かれた人たちの名前が書かれてあったことです。
その名前はすべて故人が生前に書いていたものだということでした。
死期が近づいていることがわかったので、葬儀に呼びしたい人たちの名前を一人ひとり心こめて書いていったそうです。
いったい、どのような気持ちで名前を書いたのだろうと思うと、胸が熱くなりました。

関連リンク

Copyright (C)2017葬式の時の会食の思い出.All rights reserved.